首イボを皮膚科で治療:ハサミで切る治療

首イボを皮膚科で治療:ハサミで切る治療

皮膚科で首イボの治療をする場合、ハサミで首イボを切ってしまうという方法もあります。

 

炭酸ガスレーザーや液体窒素を利用した治療法と比べると非常にシンプルな治療法で、不安を感じてしまう方もいるかもしれません。

 

ですが、このハサミで切るという方法はもっとも傷跡が残らない優れた治療法なのです。

 

痛みを感じることもほとんどなく、麻酔を使用せずにそのまま切ってしまうことも珍しくありません。

 

もちろん、麻酔を使用しての治療も可能ですから痛みに対して強い抵抗があるという場合はそのことを医師に事前に伝えておくとよいでしょう。

 

ただ、全ての首イボをこの方法で治療できるというわけではなく、基本的には小さな首イボが対象となります。

 

麻酔も使わず、ハサミで切るだけなら自分できることもできるのではないか、と考えた方もいるのではないでしょうか。

 

確かに、皮膚科に行かずに自分で切ってしまうという方法もあります。

 

小さな首イボをハサミで切ってしまうだけですから特別難しいことはありませんし、痛みを感じることも少ないため自分で切ることが不可能ということはないと言えます。

 

とは言っても、皮膚科では専用のハサミを使用していますし、衛生面でも細心の注意を払っています。

 

自分で切るという場合はご家庭にあるハサミを使用することになることがほとんどだと思いますが、この場合衛生面で不安が残るのは間違いありません。

 

また、首イボがハサミで切ってしまってよい大きさなのかどうかとう判断も素人にはなかなか難しいでしょう。

 

こうしたことを考えると、自分で切るという場合にはある程度のリスクがあるということを把握しておく必要があります。