イボとホクロの違いは?

イボとホクロの違いは?

イボとホクロ、それぞれよく似たものですがその違いはどういったところにあるのでしょう。

 

一般的に、イボは肌と同じ色をしていて、ホクロは黒い色をしているというのがまず思い浮かぶ違いかもしれません。

 

しかし、イボであっても黒い色をしているものもあり、こうしたイボは見た目にはホクロと区別することがほとんどできません。

 

ホクロの治療のために病院に行くと、医師からこれはイボだと言われたというケースも珍しくなく、イボとホクロは見た目には非常によく似ているということがわかります。

 

大きな違いはそれぞれができる原因です。

 

イボというのはウイルスや老化が大きな原因とされており、こうしたことが原因で皮膚の表面に腫瘍ができてしまうことを言います。

 

一方、ホクロというのはメラニン色素を作り出している母斑細胞がある部分に集中してしまうことで皮膚の内部に発生します。

 

メラニンは紫外線を吸収するという働きがありますから、日焼けがホクロの原因になる場合があり、外部からの刺激などもホクロの原因になっています。

 

このような、イボとホクロができてしまうそれぞれの原因、そしてできる場所の違いがもっとも大きな違いと言うことができます。

 

見た目には判断が難しいため、どちらなのか気になるという場合は病院で確かめてもらうというのも1つの選択肢になります。

 

イボもホクロも良性のことが多く、基本的に治療をする必要はないのですが見た目が気になる場合もありますし、そのうち治療をするかもしれないということであれば、あらかじめイボなのかホクロなのかを調べておくというのも大切になるでしょう。